try! Swift Tokyo 2017

try! Swift is an immersive community gathering about Swift Language Best Practices, Application Development in Swift, Server-Side Swift, Open Source Swift, and the Swift Community. It will take place in Tokyo with talks from community experts on March 2nd and 3rd, and a Swift hackathon on March 4th. 

try! Swiftは、Swiftのベストプラクティス、Swiftによるアプリ開発、サーバーサイドSwift、オープンソースSwift、そしてSwiftコミュニティに関するトピックが集まった魅力的なコミュニティによるイベントです。

コミュニティのSwiftエキスパートによるトークセッションが3月2日と3日、そしてSwiftハッカソンが3月4日に東京で開催されます。

 

The Swift hackathon is a community event for try! Swift attendees to work together and apply lessons learned during the conference to push beyond the limits of everyday Swift. Participants can build tools, frameworks, websites, Android Apps, iOS Apps, contribute to open-source Swift, write scripts, anything as long as it's using Swift!

Swiftハッカソンは、try! Swift参加者同士が共に作業し、そしてカンファレンスで学んだ事を実践できるコミュニティイベントです。

参加者は、Swiftを使ったものであれば、ツール・フレームワーク・ウェブサイト・Androidアプリ・iOSアプリ・オープンソースSwiftへの貢献、スクリプトの作成などに取り組むことが出来ます。 

Schedule

9:00 -受付・朝食 / Breakfast

9:30 -開会 / Opening Remarks

9:45 -アイデアソン / チーム編成 / Ideathon / Group Formation

10:30 -APIワークショップ / API Workshops

11:00 -ハッカソン / Hackathon coding begins

13:00 -ランチ / Lunch

14:00 - ハッカソン / Hackathon coding continues

18:00 -ハッカソン終了 / Hackathon coding ends

18:30 -プレゼンテーション / Presentations

20:00 -結果発表 / Winner Announcements

Judging

Judges include iOS / Swift community members and try! Swift speakers. There will be a total of 3 judging rounds. In the first and second round, teams of judges will review a small subset of projects and select winners. 10 winners will be selected to present their project publically for 5 minutes each in the final judging round. A total of three winners will be selected!

審査員にはiOS / Swiftコミュニティのメンバーと、try! Swiftのスピーカーが含まれています。 計3回の審査が行われます。 第1ラウンドと第2ラウンドでは、プロジェクトをいくつかにグルーピングし、それぞれを審査員が審査し、勝者を選びます。 10のグループが選出され、最終審査ラウンドでそれぞれのグループが5分間のプレゼンテーションを行います。最終的に、 合計3つのグループが選ばれます!

 

Prizes

The three winning team will receive the following prizes: 

1st prize: Nintendo Switches

2nd prize: AirPods

3rd prize: Drones

Special prizes might be provided by sponsors based on their specifications. 

3つの勝者グループは、以下の懸賞を受け取ります。

1位:Nintendo Switch

2位:AirPods

3位:Drones

これらとは別に、スポンサーにより提供される懸賞もあります。

API Workshops

IBM and Firebase will be hosting 30-minute API workshops for anyone interested in integrating their API into their hackathon projects. Special prizes for using their API may be provided. 

IBMとFirebaseは、彼らのAPIをハッカソンのプロジェクトに組み込むことに興味のある参加者に対して、30分のAPIワークショップを行います。

 

View full rules

Judges

Yuichiro Masui

Yuichiro Masui
@masuidrive

Shuichi Tsutsumi

Shuichi Tsutsumi
@shu223

Yasuhiro Inami

Yasuhiro Inami
@inamiy

Kazuaki Matsuo

Kazuaki Matsuo

Rikke Møller Koblauch

Rikke Møller Koblauch

Orta Therox

Orta Therox

Agnes Vasarhelyi

Agnes Vasarhelyi

Jon Reid

Jon Reid

Laura Ragone

Laura Ragone

Himi Sato

Himi Sato

Mo Kudeki

Mo Kudeki

Sommer Panage

Sommer Panage

Christopher Rogers

Christopher Rogers

Krzysztof Siejkowski

Krzysztof Siejkowski

Soroush Khanlou

Soroush Khanlou

Kyle Fuller

Kyle Fuller

Meghan Kane

Meghan Kane

Alexis Gallagher

Alexis Gallagher

Ray Fix

Ray Fix

Ray Tsaihong

Ray Tsaihong

Shinichi Goto

Shinichi Goto

Derek Lee

Derek Lee

Seiyo Kurita (niwatako)

Seiyo Kurita (niwatako)

Judging Criteria

  • Swift Code
    The code must be written in Swift. / コードは必ずSwiftで書いてください。
  • Team Size - Max 6 people
    The maximum number of participants on a team should be six. / 1チーム最大6名です。